電子タバコの基本パーツ用語

海外では一般的に普及している電子タバコは、日本でも徐々に人気が高まってきています。日本で販売されている電子タバコは、原則ニコチンやタールを含んでいません。
そのため、タバコが持つ有害成分を気にせず喫煙気分味わえるオシャレな嗜好品として注目されているのです。こちらでは、これから電子タバコを購入したいという初心者の方へ向けて、基本的な電子タバコに関する専門用語をご紹介します。

電子タバコの味を変化させる「リキッド」

普通のタバコは葉を燃やした煙を吸引しますが、電子タバコは水蒸気を吸引します。この水蒸気は、そのまま吸引しても無味です。しかし、リキッドと呼ばれるアイテムを使用することでジュースのような味を楽しむことができます。他にも様々な味があり、自分の好みやそのときの気分に合わせてリキッド(味)を変えることができるというのは、電子タバコならではのメリットでもあります。

電子タバコの動力源である「バッテリー」

電子タバコは、普通のタバコのように火を必要としません。電子タバコは、バッテリーによって機能しています。
バッテリーは持ち手の部分に搭載されていることが多く、そのほとんどが充電式となっているので繰り返し使用することができます。

水蒸気を発生させる「アトマイザー」

電子タバコは、リキッドが気化することで水蒸気が発生します。そして、そのリキッドを気化させる役割を担っているのがアトマイザーです。
アトマイザーにはコイルが内部に組み込まれており、このコイルがバッテリーによって熱を加えられることでリキッドを気化させます。
アトマイザー本体は、様々な部品で構成されている上に消耗品でもあるため、定期的な交換が必要になります。

リキッドの容器である「カートリッジ」&「タンク」

電子タバコを楽しむために必要不可欠な、リキッドを入れる容器がカートリッジ&タンクです。カートリッジの場合、綿状のものが中に入っています。
リキッドをカートリッジに入れることによって、カートリッジ内にある綿がリキッドを吸収し、アトマイザーを伝わって水蒸気を作り出します。
カートリッジもタンクも消耗品になりますので、定期的に交換する必要があります。上記が基本のパーツ用語になります。

電子タバコ専門店をお探しの方は、ぜひ当ショップをご利用ください。初心者の方におすすめのスターターキットから、アトマイザー、リキッド、ドリップチップといった各パーツアイテムも豊富に販売しております。また、全ての商品を、レビュワーとして有名なGabish(ガビッシュ)本人がチェックを行っていますので、安心して購入できる電子タバコ専門店となっております。