電子タバコを使う際に気をつけたいこと

AspireやJoyetechなど様々なメーカーの電子タバコがあり、買う側にとっても選ぶ楽しみがあります。電子タバコを使用するには、いくつか注意しておきたいことがあります。

電子タバコ本体の取り扱い方

紙巻きタバコとは違い、電子タバコは精密機械です。そのため落とす、ぶつけるなどの衝撃が加わることでショートし、発熱や故障に繋がるおそれがあります。
テーブルに置くときは、投げたり打ちつけたりして置かない、紙巻きタバコのようにノックしないなど、取り扱いには注意が必要です。また、電子タバコを使用しない場合は、電源をOFFにしておきましょう。もし電源がONの状態でスイッチを押し続けていると、本体が熱くなり故障の原因になることがあります。

充電について

長時間の充電や、リキッドがバッテリーについたままの充電は、故障に繋がることがあります。過充電を避け、充電前に液体がついていないか確認するようにしましょう。充電器に接続すると、充電器のコネクタ部分にあるLEDが赤く点灯します。しかし、LEDが光らない、点滅などの状態が続いた場合、何かしら異常が起こっている可能性があります。バッテリーそのものも液体に弱いので、万が一異常を感じたら直ちに使用を止めるようにしましょう。

吸ってもいい場所

電子タバコを使用する際、どこで吸えば良いか迷ってしまうことも多いです。電子タバコは普通のタバコとは違い、副流煙などの影響はないものの、非喫煙者から見ると普通のタバコを吸っていると思われる可能性があります。なるべく禁煙席などで吸うのは避け、決められた喫煙所で吸うことをおすすめします。

電子タバコを使う際は、以上のことに気をつけながら楽しんでください。電子タバコを通販で取り扱っている当ショップでは、AW IMR リチウムマンガン電池やEfest IMR バッテリー、XTARのバッテリーチャージャー、SONY VTCシリーズなど、人気メーカーのバッテリー関連製品もご用意しています。バッテリー交換などが必要な際にも、お気軽にご利用ください。