電子タバコ(VAPE)のよくある誤解と真実とは

電子タバコはタバコと似ていることで、様々な誤解が生まれています。それらの誤解のほとんどが、マイナスイメージが強いのが現状です。これから電子タバコを始めようと考える方にとって、どちらの選択をしたら良いのか迷うことでしょう。しかし、ネット上であがっているこれらの誤解は真実とは全く異なります。真実を理解して、電子タバコをおしゃれな嗜好品としてお楽しみください。

電子タバコの嘘?ホント?

電子タバコの嘘?ホント?

「全ての電子タバコにニコチンが入っている」は間違い!

全ての電子タバコにニコチンが入っていると誤解されがちです。確かに海外ではニコチン入りの電子タバコが実際に販売され、多くの方がタバコ代わりとして楽しんでいます。

しかし、日本ではニコチンは医薬品として扱われ、国内での販売・譲渡が禁止されています。そのため、国内で販売されているリキッドにニコチンは添加されていません。海外メーカーでももちろんニコチンなしの電子タバコが販売されています。

当ショップでは、海外メーカーの電子タバコを輸入しておりますが、日本国内での販売のため、ニコチンなしの商品のみを提供しています。

「発がん性物質が入っている」は間違い!

電子タバコには発がん性物質が含まれているとよく耳にします。発がん性物質とはアセトアルデヒドやホルムアルデヒドのことをいい、確かに厚生労働省のデータで電子タバコに発がん性物質が含まれていたことが発表されています。厚生労働省の実験では、通常であれば液体とニクロム線は遮断された構造のものを用いるべきが、実験で用いられたものは液体とニクロム線が直接触れるものだったのです。通常構造のものを用いなかったために化学反応を起こし、有害物質が発生してしまったようです。

実際に正規品に似せた電子タバコが出回っていることから、電子タバコには発がん性物質が含まれているといわれていますが、正規品であれば発がん性物質が検出されることはありません。当ショップの商品は、レビュワーとして有名なGabish(ガビッシュ)がチェックを行っていますのでご安心ください。

電子タバコが有害というデータはない!

電子タバコが有害というデータはない!

電子タバコに関する研究は現在も調査途中であり、明確に電子タバコが有害という結果は出ていません。厚生労働省による実験結果は全ての電子タバコが対象となっているのではなく、一部リキッドが対象となっていることから信憑性に欠けます。

悪いことばかりが取り上げられているように感じますが、実際には良い報告も受けています。イギリスの保健省の依頼により行われた調査では、電子タバコはタバコよりも有害性が約95%も低いことが分かっており、さらに、ハワイの某大学の研究では電子タバコは10代の若者の喫煙率低下に貢献したというデータが出ています。

その他にも、心臓専門医のDr Konstantinos Farsalinosやイタリアのカターニア大学の研究チームによる調査によると、タバコよりも害が少ないことを評価しています。

当ショップでは安心・安全を追求しており、vapor sharkなど高品質の海外電子タバコや関連用品を販売しています。充電器やMOD、リビルダブル用品、リキッドなど品数豊富に取り揃えております。vapor sharkなど高品質電子タバコ用品をお探しの方は、ぜひ当ショップをご利用ください。vapor sharkなど全ての商品が通販を利用して購入することができます。