電子タバコ(VAPE)の温度管理とは

電子タバコ(VAPE)は、オシャレな見た目と豊富なリキッドの味を楽しめることもあり注目を集めています。そんな電子タバコのメリットを最大限に活かしたいなら、温度管理機能が付いているバッテリーの使用をおすすめします。何故なら、温度管理ができることで様々なメリットがあるからです。

温度管理について

温度管理について

簡単に言うと、電子タバコはウィックに染み込んだリキッドを加熱したコイルで気化させ、それによって出た水蒸気を吸います。

電子タバコにおける温度管理とは、コイルを一定の温度に維持できることを指します。この温度管理を行うのはバッテリー(MOD)部分ですが、メカニカルとテクニカルの2種類があり、温度管理できるのは後者となりますので選ぶ際は注意しましょう。

なお、使えるコイルやワイヤーが限定されていたり、抵抗値を設定したりする必要がありますが、それよりも得られるメリットが多く、これからもこの人気は続くと言われています。

温度管理機能がもたらすメリットとは

温度管理機能がもたらすメリットとは

温度管理機能が付いているバッテリーの1番のメリットは、コイルやウィックの焦げ付きを防げることです。これらが焦げ付くと非常にきつい煙になってしまい、喉を痛める原因にもなります。

しかし、温度管理機能が付いていれば、そのような煙は発生せず、ずっとリキッドのフレッシュな味を楽しめます。

また、リキッドによって1番美味しく感じる温度が違いますので、今まで使っていたリキッドがさらに美味しく感じられるかもしれません。他にもバッテリーの寿命が延びるというメリットもあります。

温度管理機能付きのバッテリーは、各種メーカーから販売されていますので、いろいろと比較してから購入することをおすすめします。

当ショップではeGO ONEで有名なJoyetechのeVic-VTC Miniバッテリーを販売しています。eVic-VTC Miniはコンパクトで高性能ながら、お求めやすい価格に加え、Joyetechの公式HPから随時アップデートができる、常に進化するバッテリーです。また、Joyetech以外にも様々なメーカーのバッテリーを取り揃えていますので、ぜひご利用ください。