Efest 18650バッテリーに関する大切なお知らせ

Efest 18650バッテリーに関する大切なお知らせ

最近、Efestバッテリーに関する様々な噂や問題が取りざたされております。非常にデリケートかつ安全に関わる話だと思いますので、多少長くなりますが弊社の考え方と対応を発表させていただきます。

事の発端はドイツの有名なWebサイトでのバッテリー計測レビュー結果により、弊社でも販売しているEfestの『Efest IMR 18650 20Aバッテリー 3100mAh』の計測結果が20Aではなく実測で10Aであるというものでした。(ソース

この計測者によれば、近いモノとしてPanasonicのNCR128650BからNCR18650PFの間だろうとの予測です。これをベースにPanasonicのバッテリーの皮を剥いでEfestに着せ替えたものであろうと結論づけています。また、計測したバッテリーの入手先はドイツのバッテリー業者からとのことです。

やや複雑な話ですが、パルス放電はそのバッテリー持つピークの放電レートで、15秒や75秒などの短時間において放電できる電流上限です。また連続放電は連続で使い続けられる上限を意味します。バッテリー業界では通常連続放電を使ってバッテリー性能を表示しますが、近年ではEfestを含めて数社でパルス放電を使っての表記が行われている場合があります。

このことが今回の誤解や問題を生んでいます。すでにMKNEブランドなどもパルス/連続放電の並記を行っていますが、Efestでも同様に誤解を解消するためこれらの並記を行うよう変更しています。(ソース

電子タバコを利用するユーザーにとって、最も安全圏内と言えるのは連続放電レートであることに間違いはありません。メーカーが放電レートとしてパルス表記をすること自体には問題はなくとも、場合により誤解を与えるという意味では弊社にも落ち度がなかったとは言い切れません。すでにWebショップ上の表記はパルスと連続放電の表記に変更させていただきました。

また、今後弊社では18650サイズにつきましては以前取り扱っておりました『IMR 18650 30A 2100mAh』を中心に販売を行い、2500mAh、3100mAhにつきましては在庫限りで販売を中止させていただきます。2100mAhについてはパルス放電がなく連続放電レートは30Aとなります。

もし、弊社にて『Efest IMR 18650 20A』あるいは『Efest IMR 18650 35A 2500mAh』をお買い求めになったお客様で、これらの誤解によりご迷惑をお掛けしているお客様、あるいはご購入のものでご満足いただけない場合には、2100mAhとの交換を行わせていただきます。今朝注文を入れましたので、10日程度程度で入荷の見込みです。交換をご希望の方はメールフォームより必ず注文番号(#xxxx)を明記の上でお問い合わせください。