Femto BF - よくあるご質問

よくあるご質問
  • Q1. BFではない穴なしのポジティブピンが入っていません/BFではないMODで使用したいです。
  • Femto-BFはスコンカーでの運用を想定しており、穴無しのポジティブ品は付属しておりません。
    しかし、オプションパーツとしてのご用意はございます。

    Pin_nohole  
    ■Femto レギュラーポジティブピン(穴なし)
  • Q2. BFボトルからのリキッドチャージ時、エアホールから液漏れします。
  • Femto-BFのジュースウェルは、デッキ内を狭くするためにウィックの脚を収納するスペースしか確保されていないため、一般的なRDAの要領でリキッドをチャージすると液漏れの原因となります。
    ウィックにリキッドを含ませる程度に控えめのチャージをお願い致します。

    Juicewell  
  • Q3. 洗浄のため完全分解したいのですが、デッキのブラックピークについているセンターエアホールはどうやって外せばよいですか。
  • デッキのセンターエアホールはデッキのブラックピークパーツに圧入されています。
    こちらの部品は外さないようお願い致します。もし外してしまった場合元に戻すのが困難か、最悪の場合戻せなくなります。

    Center bottom airflow  
  • Q4. トップキャップがスレッドになっているのはなぜですか?
  • 一般的なRDAはオーリングを用いてのトップキャップ装着がメジャーですが、これは頻繁にドリップしやすいようにキャップの着脱を容易にするための設計です。
    Femto-BFはその名の通りBF MOD(スコンカーMOD)での運用を前提としており、基本的にはMOD内のボトルからのリキッド供給がメインのチャージ方法となるため、液漏れ防止を優先してよりリーキングリスクを軽減するスレッド装着設計となっています。

    Thread  
  • Q5. オススメビルドはありますか?
  • シンプルなデッキですので色々なビルドが可能ですが、ここでは敢えてシンプルなセッティングをご紹介致します。



    ・DL(MTLプラグなし)の場合
    - Kanthal-A1 Grade 26G
    0.85-0.9Ω
    2.5mm軸、7巻、マイクロコイル

    - Ni70 25G
    0.6Ω
    3.mm軸、6巻、マイクロコイル


    ・MTL(MTLプラグ装着)の場合
    - Kanthal-A1 Grade 28G
    1.2Ω
    2.5mm軸、5巻、スペースドコイル

    - Kanthal-A1 Grade 27G
    1.0Ω
    2.5mm軸、6巻、マイクロコイル
     
  • Q6. ドロー(吸い心地)具合はMTLですか?DLですか?
  • 吸い心地はセミDLですが、本体に付属するSS製MTLプラグ(内径1.5mm)をセンターエアホールに挿し込んでいただくとMTLよりの重めなドローとなります。 お好みに合わせてご使用下さい。

    MTL_Pin  
  • Q7. オプションパーツはありますか?
  • はい、Femto-BFには下記のオプションパーツのご用意がございます。

    ■Femto ウルテムキャップ & AFCリングセット
    ■Femto ブラックPEEKキャップ & AFCリングセット
    ■Femto Ultem ドリップチップ (内径3mm)
    ■Femto レギュラーポジティブピン(穴なし)
    ■Femto用シリコンOリング換装セット
     
  • Q8. シリアルナンバーはどこにありますか?
  • Femto-BFのシリアルナンバーは、ベースパーツのAFCリングを外していただくと、ベースにある『Femto』の印字の上部にございます。

    Serial Number  
  • Q9. 正規品の認証(オーセンティケーション)はどこで出来ますか?
  • 正規品認証はFemto-BFの公式ページ下部にリンクがございますが、こちらからも直接開くことが出来ます。

    ■Femto-BF正規品認証ページ